FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痔ろう 画像 「痔ろう」の症状と治療法・患部縫合しない・再発させないための手術の方法(シートン法等)の紹介をします。

痔ろうはそのまま放置すると再発を繰り返し、癌(がん)になる可能性もあるので、肛門科などの病院で早急的な治療が必要です。

痔ろうの写真画像や病院、薬などの情報も順次アップしていきます。

痔ろう手術前・手術後の痛みや費用、肛門科など病院、根治、後遺症を体験記なども交えて紹介していきます。

「痔」ひと筋80年 痔ろう(症状と原因・手術・病院・肛門科) の知識

「痔」ひと筋80年
痔ろう(症状と原因・手術・病院・肛門科) の知識、癌(がん)にならないために親子4代専門医の泣き笑い記録&最新治療法小学館文庫 著者:鮫島潤出版社:小学館サイズ:文庫ページ数:220p発行年月:2005年12月この著者の新着メールを登録する
【内容情報】(「BOOK」データベースより)男女ともに、3人に1人は“痔主”と言われるほどポピュラーな病気でありながら、患部が患部だけに、病院に行くことをためらってしまう人も多い「痔」。確かに死に至る病気ではないけれど、放っておくと、痛みに悩まされ続けるばかりか、大腸がんの発見を遅らせてしまう危険性だってあるのだ。本書は、大正時代から4代にわたって「肛門」を見続けてきた専門病院の、3代目が教えるお尻の本。「痔」の仕組みや歴史、予防法、そして最新治療法を、数々の“肛門エピソード”を交えて紹介する。痔は恥ずかしい病気ではない!まずは正しい理解を。
【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 痔で悩みたくない!(親子四代にわたる専門医/当時珍しかった痔の専門「肛門科」 ほか)/第2章 けっきょく痔って何なんだ?(なぜ痔になるの?お尻の穴、肛門のしくみ/痔の三大疾患?痔核・裂肛・痔瘻のメカニズム ほか)/第3章 治療?絶対に治す、治る!(痔をほったらかしにしたら…/手術は必ず必要? ほか)/第4章 気をつけたい大腸がん(痔と思ったら大腸がん!?/大腸がんをどれだけ知っていますか? ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)鮫島潤(サメジマジュン)1924年中国(旧満州)大連生まれ。48年鹿児島医学専門学校(現鹿児島大学医学部)卒業後、鹿児島大学病院第一外科に入局。その後鹿児島大学細菌学教室等を経て、60年、大正時代より続く実家の肛門科(現医療法人潤愛会鮫島病院)を継ぎ、院長に就任。93年には同病院の理事長となる。現院長は長男の由規則(内科)、副院長は次男の隆志(外科・肛門科)。日本大腸肛門病学会評議員、日本大腸肛門病学会指導医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 家庭の医学 痔ろう 画像 「痔ろう」の症状と治療法・患部縫合しない・再発させないための手術の方法(シートン法等)の紹介をします。

痔ろうはそのまま放置すると再発を繰り返し、癌(がん)になる可能性もあるので、肛門科などの病院で早急的な治療が必要です。

痔ろうの写真画像や病院、薬などの情報も順次アップしていきます。

痔ろう手術前・手術後の痛みや費用、肛門科など病院、根治、後遺症を体験記なども交えて紹介していきます。

| 痔ろうの手術(シートン法)・症状・治療法(写真・画像)/肛門科・病院 |
痔ろうの手術後の再発防止法の体験談
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。